菩多尼訶写真記
オリンパス E-1やOMシリーズのカメラで,身近な自然を撮影しています.

***05年9月掲載分までは,縮小画像を使用しています.画像をクリックすると,少しサイズの大きいものを見ていただくことができます***

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬の表情 イチョウ



E-1+Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL

イチョウの冬芽.この写真は長枝なので,芽と芽の間隔はかなり開いている.

スポンサーサイト

  1. 2006/02/03(金) 19:01:15|
  2. Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センニチコウ



E-1+Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL

民家の庭先のセンニチコウ.真冬になっても放置され,ドライフラワーの状態になっている.


  1. 2006/01/26(木) 19:37:40|
  2. Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アマチャヅル



E-1+Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL

アマチャヅルの熟した果実.先端付近には環状の模様が見られる.


  1. 2006/01/16(月) 19:42:00|
  2. Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マサキ



E-1+Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL

民家の生垣に使われているマサキで,果実を見つけた.既に裂けて,仮種皮に包まれた種子が見えている.


  1. 2006/01/15(日) 16:32:22|
  2. Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フユサンゴ(タマサンゴ)



E-1+Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL

タマサンゴ(フユサンゴ)はブラジル原産の植物.赤く熟した果実が冬の日差しを浴びて輝いていた.


  1. 2006/01/09(月) 19:02:58|
  2. Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の七草 ホトケノザ

BP1051000_1.jpg

E-1+Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL



C-4040 ZOOM

春の七草の中で,少々ややこしいのがホトケノザ.現在この名で呼ばれているのはシソ科の植物(下の写真)だが,もともとの「ほとけのざ」は,キク科のコオニタビラコ(上の写真)のことだという.今の時期は花が咲いていないので,あちこちの水田を探し,ようやくそれらしいロゼットを見つけた.この根生葉を仏の座と見立てた名前のようだ.ロゼットだけでは彩が寂しいので,数年前の4月に撮影した花の写真も一緒に掲載.
BPC270745_1.jpg

E-1+Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL


  1. 2006/01/05(木) 18:14:27|
  2. Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の七草 セリ



E-1+Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm SL

セリは小川や水田など,湿り気のある場所に生育している.ただ食用にしようとすると,水の綺麗な場所のもの以外は摘むのがためらわれる.


  1. 2006/01/01(日) 16:43:39|
  2. Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ナンテン(シロミナンテン,オタフクナンテン)



E-1+Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm SL

ナンテンもお正月には欠かせない植物の一つで,門松や寄せ植えなどに使われる.よく見かける赤い果実のほか,上の写真のような白い果実をつける品種もある.
下の写真は,背の低いオタフクナンテン.冬になると紅葉が美しい.
BPC290828_1.jpg



  1. 2005/12/31(土) 17:38:54|
  2. Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

センリョウ(キミノセンリョウ)



E-1+Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm SL

以前写真を掲載したマンリョウなどとともに,お正月の飾りに使われるセンリョウ.通常は赤い果実だが,写真のものは黄色い果実をつけるので,キミノセンリョウ(黄実の千両)と呼ばれる.


  1. 2005/12/30(金) 10:42:37|
  2. Voigtlander Macro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。