FC2ブログ

菩多尼訶写真記
オリンパス E-1やOMシリーズのカメラで,身近な自然を撮影しています.

***05年9月掲載分までは,縮小画像を使用しています.画像をクリックすると,少しサイズの大きいものを見ていただくことができます***

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クワクサ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

 クワクサは同じクワ科のクワ(ヤマグワ)に似た葉をつけるのでその名がある.写真では葉腋に花序が見え隠れしている.

スポンサーサイト

  1. 2006/09/21(木) 19:50:44|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドクダミ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

ドクダミというと,個人的には梅雨の季節に薄暗い場所で咲いているという印象が強い.
多数の小さな花が集まって穂状になり,その周囲に4枚の白い総包が広がっている.


  1. 2006/06/21(水) 20:11:26|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

マメグンバイナズナ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

マメグンバイナズナは,路傍や空き地などでよく見かける帰化植物.花序の先端付近から下に向かうにつれ,花から小さな円形の果実へと変化していく過程が見て取れる.


  1. 2006/06/05(月) 19:35:04|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミドリハコベ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

ハコベやミドリハコベの5枚の花弁は根元近くまで深く切れ込むため,あたかも10枚のように見える.
最近は,小形の花の撮影にこのレンズを頻繁に持ち出している.圧縮前のオリジナルの画像では,10本の雄しべの葯や雌しべの先端部の様子もしっかり捉えられていて,このレンズの性能の素晴らしさを感じさせられる.


  1. 2006/05/08(月) 19:43:01|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオイヌノフグリ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

今が盛りのオオイヌノフグリの花.上の写真では花粉が山盛りの状態だが,下の花ではほとんどなくなり葯が見えている.
BP4174576_1.jpg



  1. 2006/04/21(金) 17:16:59|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スズメノエンドウ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

昨日のカラスノエンドウに続き,今日はスズメノエンドウ.花ははるかに小さく,3-4mm程度しかない.
昨年7月のブログ開設以来,初めてレンズに関してコメントをいただいたので,記念にそのMacro-Quinonで撮影してみた.


  1. 2006/04/17(月) 19:21:12|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ムラサキサギゴケ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

ムラサキサギゴケの花は立体的で,撮影する角度によって様々な表情を見せてくれる.中央部の白とオレンジの部分は,昆虫へのアピールのための蜜標だろうか.


  1. 2006/04/12(水) 19:30:53|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨上がり



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

花弁に水滴を乗せたオオイヌノフグリ.
Macro-Quinon 55mm F1.9は,2段になったヘリコイドを伸ばすことで,単体で1.4倍の撮影が可能.40年以上前のレンズだが,解像力,発色,質感の描写などが気に入って使っている.


  1. 2006/02/19(日) 16:02:45|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナナホシテントウ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

暖かい日が続いたせいか,陽だまりでナナホシテントウが動き出していた.茎を伸ばし始めたカラスノエンドウの上で,歩いたり飛んだりと,なかなかじっとしていない.


  1. 2006/02/18(土) 18:43:48|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカカタバミ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

アカカタバミは葉だけでなく,花弁の一部も赤みを帯びることが多い.カタバミは,花によって雄しべ,雌しべの長さが異なり(異型ずい,異型花柱),写真のものでは,雌しべ(長),雄しべ(中),雄しべ(短)になっている.


  1. 2006/02/16(木) 18:20:30|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。