FC2ブログ

菩多尼訶写真記
オリンパス E-1やOMシリーズのカメラで,身近な自然を撮影しています.

***05年9月掲載分までは,縮小画像を使用しています.画像をクリックすると,少しサイズの大きいものを見ていただくことができます***

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゲンノショウコ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

山間の棚田のあぜ道に咲いていた.地域によって白花,赤花の比率に大きな差があり,かつてはその地域に少ない色の花を咲かせる株が薬効が高いとして珍重されたという.

スポンサーサイト

  1. 2005/08/31(水) 19:07:24|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツヤマルシラホシカメムシ



E-1+Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1

エノコログサの葉にとまっていた.背中にある2つの斑点が目立つ.
BP8303476_1P.jpg




  1. 2005/08/30(火) 18:59:55|
  2. Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカネナシカズラ



E-1+Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1

他の植物に絡みつき,栄養を吸収する寄生植物.遠目には,草むらに黄色い麺が広がっているように見える.


  1. 2005/08/30(火) 18:53:28|
  2. Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オシロイバナ



E-1+Zuiko Macro 50mm F2

写真には記録できないが,あたりに独特な香りを漂わせている.咲き始めは雌しべが前方に伸びているが,翌朝にはくるくると巻いて雄しべに接触しそうな位置にまでくる.


  1. 2005/08/29(月) 19:19:29|
  2. Zuiko Macro 50mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツルマメ



E-1+Zuiko Macro 50mm F2

8月も終わりに近づき,ツルマメの花が目立つようになった.名前の通りつる性で,他の植物などに絡みついてゆく.


  1. 2005/08/29(月) 19:12:02|
  2. Zuiko Macro 50mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イネとカメムシ

BP8273432_1P.jpg

E-1+Zuiko 21mm F3.5

収穫間近な水田で,稲穂に沢山のカメムシがついていた.手元に図鑑がないため種名は不明だが,色が鮮やかで模様も美しい.
BP8273432_1.jpg





  1. 2005/08/28(日) 18:04:48|
  2. Zuiko 21mm F3.5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボタンヅル



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

川べりの木に絡みつき,ボタンヅルが咲いていた.センニンソウと同属だが,こちらの花の方が繊細な印象を受ける.


  1. 2005/08/27(土) 19:24:54|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミゾカクシ(アゼムシロ)



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

台風も過ぎ去り,少々暑いものの撮影日和となった週末.郊外の水田でミゾカクシを見つけた.
ミゾカクシはは雌雄異熟で自家受粉を避けている.この場所でも,雄性期で花粉を出しているもの,雌しべの柱頭が伸びてきたものが観察できた.


  1. 2005/08/27(土) 19:20:28|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アシダカグモ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

徘徊性で屋内に生息する大型のクモ.気味悪がられることも多いが,人間に害を与えることはない.抜け殻を見る機会も多い.


  1. 2005/08/26(金) 21:53:39|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハシリグモ



E-1+Kilfitt Makro-Kilar D 4cm F3.5

山道を歩いている途中,葉の上で見つけたハシリグモ.写真だけでは種の同定は難しいが,スジアカハシリグモだろうか.


  1. 2005/08/25(木) 19:45:22|
  2. Kilfitt Makro-Kilar D 4cm F3.5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コカマキリ



E-1+Kilfitt Makro-Kilar D 4cm F3.5

この体色も,樹皮の上では見つけにくい.レンズを近づけると,こちらを向いてじろりと睨まれた.


  1. 2005/08/24(水) 23:09:32|
  2. Kilfitt Makro-Kilar D 4cm F3.5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

保護色



E-1+Zuiko 1:1 Auto Macro 80mm F4

イボバッタだろうか.樹皮や土の色とよく似た体色で,注意しないと見落としそうになる.


  1. 2005/08/23(火) 23:50:58|
  2. Zuiko 1:1 Auto Macro 80mm F4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イリオモテアサガオ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

宿根アサガオ,オーシャンブルーなどとも呼ばれ、ノアサガオをもとに作り出された園芸植物のようだ.アサガオという名だが,かなり遅い時間まで咲いている。


  1. 2005/08/22(月) 23:03:23|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムギワラトンボ(シオカラトンボ)



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

シオカラトンボの雌.今日は水辺ではなく,建物の外壁にとまっていた.背側からの撮影のため,翅(はね)の脈の様子がよくわかる.
BP8193277W.jpg



  1. 2005/08/21(日) 17:30:31|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キツネノマゴ



E-1+Vivitar Macro 55mm F2.8

キツネノマゴの白花.薄紫の花をつける株よりも,見かける機会はすくないようだ.
BP8183256_1.jpg



  1. 2005/08/20(土) 18:45:32|
  2. Vivitar Macro 55mm F2.8
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ミスジハエトリ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

屋外での撮影から戻ってくると,部屋の壁にミスジハエトリがとまっていた.ちょこちょこと動く愛嬌者だが,その分ピント合わせは難しい.ISO感度を上げ,できるだけ絞りを開いての撮影となった.


  1. 2005/08/19(金) 18:56:31|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センニンソウ



E-1+Vivitar Macro 55mm F2.8

つる性の植物で,花の時期には遠くからでも目立つ.花弁のように見えるものは萼.キンポウゲ科の植物には、このような花が多い.
花全体が白っぽいため,撮影時の露出には気を使う.


  1. 2005/08/18(木) 19:31:12|
  2. Vivitar Macro 55mm F2.8
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ツユクサ



E-1+Vivitar Macro 55mm F2.8

身近な花のツユクサも,拡大してみると繁殖のための工夫に改めて気づかされる.雄しべは6本あるが,花粉を大量に作るのは下に伸びた2本だけ.上に位置する3本はほとんど花粉を作らず,大きく黄色い葯が昆虫を呼ぶ目印になるようだ.
また,雌しべは昼近くになると先端部が徐々に内側へ巻き込んでくる.柱頭に他の花の花粉が付かなかった場合,自家受粉で種子を作るための保険のようだ.


  1. 2005/08/18(木) 17:46:02|
  2. Vivitar Macro 55mm F2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タヌキマメ



E-1+Zuiko 90mm F2

今年最初に見かけたタヌキマメ.初物ということで,スナップショットを一枚.


  1. 2005/08/17(水) 19:29:59|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徘徊するクモたち



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

平日は写真撮影のために遠出することが難しいが,マクロレンズがあれば,人家周辺でも被写体はいくらでも見つけることができる.
写真は左から,アダンソンハエトリ,チャスジハエトリ,アリグモ.いずれもハエトリグモ科で,巣を張らず歩き回って獲物を探す種.動きが早いのでピント合わせには一苦労.


  1. 2005/08/16(火) 19:12:47|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蜜を求めて



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

相変わらず暑い中,蝶たちは花から花へと飛び回っている.人間の目にはふわりふわりと優雅に飛んでいるように見えるが,蝶たちは短い寿命の間に子孫を残すために必死なのかもしれない.
BP8153115.jpg



  1. 2005/08/15(月) 20:08:44|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キョウチクトウ



E-1+Zuiko 18mm F3.5

暑さに負けず満開のキョウチクトウ.
このレンズは突出している前玉が,被写体にぶつかるのではないかと思うほど接近が可能.フォーサーズ規格のボディーで使用すると画角は36mm相当となり,マクロ的な撮影にも使える.


  1. 2005/08/14(日) 18:50:15|
  2. Zuiko 18mm F3.5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハゼラン



E-1+Vivitar Macro 55mm F2.8

ハゼ「ラン」という名だが,スベリヒユ科の植物.一つ一つの花は小さいが,一株にたくさんの花が付くので見応えがある.
食用にもなるとのことだが,どんな料理に向いているのだろうか.


  1. 2005/08/13(土) 18:52:57|
  2. Vivitar Macro 55mm F2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マユハキタケ



BP8133009.jpg

E-1+Vivitar Macro 55mm F2.8

腐朽が進んだ切り株に,マユハキタケが群生していた.毎年同じ場所で確認しているので,かなり長期間にわたって発生し続けるようだ.
Vivitar Macro 55mm F2.8は,コンパクトで等倍撮影が可能なマクロレンズ.


  1. 2005/08/13(土) 18:46:47|
  2. Vivitar Macro 55mm F2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガンクビソウ



E-1+Vivitar Series 1 135mm F2.3

今日はVivitarのレンズ2本を持って林の中を散策.薮蚊が多いのには閉口する.
このレンズは開放F値が小さい上,約90cmまで被写体に寄ることができる.また,背景を大きくぼかすことができるため,薄暗い場所での植物撮影に威力を発揮する.


  1. 2005/08/13(土) 18:30:08|
  2. Vivitar Series 1 135mm F2.3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水辺のトンボたち(その3)



E-1+Tamron SP 500mm F8 (55BB)
ハグロトンボ

先日と同じ池で,再びトンボの撮影.今日はコシアキトンボは見られなかったが,かわりにショウジョウトンボを撮影できた.
BP8122854.jpg


BP8122879.jpg

クロイトトンボの産卵

BP8122919.jpg

シオカラトンボ


  1. 2005/08/12(金) 18:34:19|
  2. Tamron SP 500mm F8 (55BB)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤナギバルイラソウ

BP8112811.jpg

BP8112813.jpg

E-1+Zuiko 90mm F2

毎年夏になると街のそこかしこで咲き始める.一日花だが次々と新しい花が開くので,かなり長い期間見ることができる.
果実が熟すと二つに裂け,たくさんの種子を飛ばす.その際,種子を付けていた柄の部分が,投石器のような役目をするようだ.

BRuellia.jpg

果実と裂開後の様子(2002年 C-4040ZOOMにて撮影)


  1. 2005/08/11(木) 18:51:21|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サツマイモの花

BP8112806.jpg

E-1+Zuiko Macro 90mm F2

こちらもヒルガオ科の植物.近所の畑でサツマイモが花を咲かせていた.この畑では毎年花を見ることができる.紫芋の系統は花が咲きやすいようだ.
BP8112809.jpg



  1. 2005/08/11(木) 18:19:34|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イモネノホシアサガオ

BP8112793.jpg

E-1+Zuiko Macro 90mm F2

アメリカ大陸原産の帰化植物.地下に塊根があるので,毎年同じ場所から蔓が伸びてくる.種子もよくできるので,繁殖能力はかなり高そうだ.
昼に撮影したため,花は少ししおれかけている.

2005.10.7追記
果実の写真を掲載.


  1. 2005/08/11(木) 18:11:29|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水辺のトンボたち(その2)



E-1+Tamron SP 500mm F8 (55BB)

その1と同様に,500mmのミラーレンズで撮影したもの.離れた場所から撮影できる利点はあるが,F8固定の暗いレンズのため,E-1のISO感度を上げてシャッタースピードを稼ぐ.

(上)クロイトトンボ.落ち葉にとまり,一緒に水面を漂っていた.
(下)シオカラトンボ.
BP8092682.jpg



  1. 2005/08/10(水) 17:20:59|
  2. Tamron SP 500mm F8 (55BB)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。