菩多尼訶写真記
オリンパス E-1やOMシリーズのカメラで,身近な自然を撮影しています.

***05年9月掲載分までは,縮小画像を使用しています.画像をクリックすると,少しサイズの大きいものを見ていただくことができます***

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タンキリマメ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

スギ植林の林縁で,低木に絡み付いているタンキリマメを撮影した.この植物も,莢の色が種子を目立たせる二色効果で,鳥たちにアピールしているのだろう.

スポンサーサイト

  1. 2005/11/30(水) 19:19:43|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤドリギの果実



E-1+Tamron SP 500mm F8 (55BB)

ヤドリギの果実をミラーレンズで撮影.この個体の果実はまだ完熟前で,果肉も硬そうな印象を受けた.


  1. 2005/11/29(火) 20:10:49|
  2. Tamron SP 500mm F8 (55BB)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤドリギ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

木々が葉を落とし,ヤドリギの姿がはっきりと見える時期となった.二又に分かれた枝の先端には黄色味を帯び始めた果実が確認できた.これが鳥たちに食べられることで,新たな木の枝へと分布を広げていく.


  1. 2005/11/29(火) 19:10:05|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キセキレイ



E-1+Tamron SP 500mm F8 (55BB)

川の堰付近で撮影したキセキレイ.黄色と黒の鮮明な体色が遠目にも目立った.


  1. 2005/11/28(月) 18:24:40|
  2. Tamron SP 500mm F8 (55BB)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シモバシラ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

川沿いの道にシモバシラが群生していた.花は既に終わり,もう果実が熟しかけている.厳冬期の早朝にここを訪れたら,枯れた茎にできた霜柱を観察できるかもしれない.

BPB208256_1R.jpg



  1. 2005/11/27(日) 19:42:51|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミツマタとカイガラムシ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

公園に植えられているミツマタの枝で,カイガラムシを見つけた.イセリアカイガラムシ(ワタフキカイガラムシ)という外来種らしい.

BPB238465_1.jpg



  1. 2005/11/26(土) 19:10:16|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カタヒバ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

全体が鱗で覆われたような姿で一見シダらしくないが,イワヒバと同じ属のシダ植物.湿った時は葉が広がり,乾燥すると丸まってしまう.


  1. 2005/11/25(金) 20:27:18|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初冬の青空



E-1+Zuiko 18mm F3.5

暦では冬を迎え,例年よりは遅いものの紅葉や落葉も見られるようになった。
大分葉を落としたセンダンの大木を地上から見上げ,青空を背景に撮影した.露出を少しアンダーにすると,独特のオリンパスブルーの色合いとなる.


  1. 2005/11/24(木) 21:11:11|
  2. Zuiko 18mm F3.5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キヅタ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

冬に花を咲かせるキヅタ.ヤツデと同じウコギ科の植物で,花弁はなく,ハエやアリなどによって受粉が行われる.


  1. 2005/11/23(水) 20:44:22|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セイヨウタンポポ



E-1+Zuiko Macro 20mm F2

例によって野外に20mmマクロとエクステンションチューブを持ち出し,セイヨウタンポポの柱頭を拡大撮影してみた.柱頭は二つに分かれ,小さな花粉が多数付着している.マルバルコウとは,花粉の大きさがずいぶん違う.


  1. 2005/11/22(火) 19:41:19|
  2. Zuiko Macro 20mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ヒドリガモ再び



E-1+Tamron SP 500mm F8 (55BB)

先月と同じ川で,再びヒドリガモと思われる鳥を撮影した.今回は雄,雌の両方を確認することができた.
BPB198234_1.jpg



  1. 2005/11/21(月) 19:45:02|
  2. Tamron SP 500mm F8 (55BB)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サネカズラ(ビナンカズラ)



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

今年はまだサネカズラの果実を見ていなかったが,少し郊外に出かけてようやく出会うことができた.普段の年はもっと大きなものを幾つも見ていたような気がするが,気象の条件などで実りが良くない年もあるのだろうか.


  1. 2005/11/20(日) 18:38:53|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノゲイトウ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

トサカケイトウやウモウゲイトウに比べるとやや派手さに欠けるが,小さな花が穂状に集まって咲くノゲイトウ.花は花序の先端に向かって咲いていくため,下部では種子が,中ほどでは雄しべが見えている.


  1. 2005/11/19(土) 19:58:16|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

サギの飛翔



E-1+Tamron SP 500mm F8 (55BB)

サギのコロニー付近で,飛行中の個体を流し撮りしてみた.マニュアルフォーカスのためピント合わせは大変だが,手持ちで撮影できるのは焦点距離の割りに短く軽量なミラーレンズならでは.

BPA296408_1.jpg



  1. 2005/11/18(金) 18:39:04|
  2. Tamron SP 500mm F8 (55BB)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナワシログミ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

海岸のクロマツ林の中で見つけたナワシログミ.果実は来年の春に熟す.


  1. 2005/11/17(木) 19:40:58|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツルウメモドキ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

ニシキギ科のツルウメモドキ.まもなく果実が裂け,赤い仮種皮に包まれた種子があらわれる.


  1. 2005/11/16(水) 19:20:35|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アケビ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

松林の中にアケビが落ちていたが,中身はなく皮だけになっていた.鳥か獣か不明だが,綺麗に食べつくしたものだ.


  1. 2005/11/15(火) 18:17:12|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルバルコウ



E-1+Zuiko Macro 20mm F2

帰化植物のマルバルコウで,花弁を背景に雄しべと花粉を撮影した.花粉は無色で,表面に棘状の突起が密生していることがわかる.オシロイバナとほぼ同じ,直径200μm程度だろうか.
Zuiko Macro 20mm F2は,38mm F2.8と同様にベローズや(オート)エクステンションチューブを介してボディに取り付ける.屋外+自然光という撮影条件はなかなか厳しいが,肉眼では見られない世界を写し取ってくれる.


  1. 2005/11/14(月) 18:49:14|
  2. Zuiko Macro 20mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツルナ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

海岸の砂地に大きな群落を作っていたツルナ.葉は肉厚で,いかにも日差しの強い海辺で生き抜く植物らしい.


  1. 2005/11/13(日) 18:04:40|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イナカギク



E-1+Tamron SP 180mm F2.5 LD (IF)(63B)

日当たりの良い山道に沿って咲いていた野菊.舌状花の花弁の形から,どうやらイナカギクのようだ.


  1. 2005/11/12(土) 19:25:05|
  2. Tamron SP 180mm F2.5 LD (IF) (63B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラッキョウの花



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

ラッキョウの畑は今が花盛り.傍を通り過ぎても注意して見る人は少ないが,可憐な姿をしている.


  1. 2005/11/11(金) 20:16:01|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

05年7月から10月まで

このブログを始めて5ヶ月目に入ったので,先月までに公開した145件の記事で,どんな写真を撮影したか分類してみた.
双子葉植物 アリタソウ, シロノセンダングサ, コウヤボウキ, イヌタデ, ハコベ, フレクトゴンでマクロ撮影, ゴンズイ, シロバナサクラタデ, キンミズヒキ(果実), イモネノホシアサガオ(果実), ベニバナボロギク, ウドの花, センニチコウ, ミゾソバ, ヤマザクラ, ツルノゲイトウ, カラスノゴマ, ハシカグサとシラホシトリバ, ラセンソウ, ノブドウ, ダンギク, ツリガネニンジン, ノコンギク, フヨウ, キンミズヒキ, ポーチュラカ(ハナスベリヒユ), ハクチョウゲ, ショウジョウソウ, モモイロヒルザキツキミソウ, イチビ, ハブソウ, コミカンソウ, ゲンノショウコ, アメリカネナシカズラ, オシロイバナ, ツルマメ, ボタンヅル, ミゾカクシ(アゼムシロ), イリオモテアサガオ, キツネノマゴ, センニンソウ, タヌキマメ, キョウチクトウ, ハゼラン, ガンクビソウ, ヤナギバルイラソウ, サツマイモの花, イモネノホシアサガオ, 夏の花壇, サルスベリ, ヒルガオ, ミラーレンズ, ランタナ, アリとソメイヨシノ, オシロイバナ, ヘクソカズラ, オクラ, ヤブガラシ, ノブドウ, アメリカミズキンバイ, クサギ, ハナツクバネウツギ(アベリア), ボタンクサギ, ケキツネノボタン
単子葉植物 ツルボ, ツユクサの雄しべと雌しべ(その1), ツユクサの雄しべと雌しべ(その2), ツユクサの雄花, ヤマジノホトトギス, イネ科を逆光で, ヤブミョウガ, ヒガンバナ, シロバナマンジュシャゲ, ムラサキツユクサの色変わり, ノカンゾウ, ツユクサ, キツネノカミソリ, ムラサキツユクサ, カンナ
シダ植物 アマクサシダ, オオキジノオ, トウゲシバ, フユノハナワラビ, 左右対称, オオカグマ, タイトルなし
コケ,地衣 ミノゴケ, 樹幹の着生植物
菌類 カワラタケ, エゴノキタケ, 小さな炎, ヒイロタケ, マユハキタケ, アラゲキクラゲ
鳥類 ヒドリガモ, モズ, カラス, サギのコロニー
昆虫 クロコノマチョウ, ヒメアリ, ヨモギの虫こぶ, キタテハ, ウスタビガ, ヤマトシジミの吸蜜, ツチイナゴ, ヤマトシジミ, モンキチョウ, マユタテアカネ, モノサシトンボ, メヒシバとカメムシ, ヒメウラナミジャノメ, 水田のカメムシ, 秋の訪れ, ツヤマルシラホシカメムシ, イネとカメムシ, コカマキリ, 保護色, ムギワラトンボ(シオカラトンボ), 蜜を求めて, 水辺のトンボたち(その3), 水辺のトンボたち(その2), 水辺のトンボたち(その1), 望遠レンズで昆虫撮影, オンブバッタ, クマゼミ, カマキリ
クモ アオオビハエトリ, ササグモ, アズチグモ, サツマノミダマシ, コクサグモ, ナガコガネグモ, クサグモ, クサグモの棚網, アシダカグモ, ハシリグモ, ミスジハエトリ, 徘徊するクモたち, ウズグモ, ジョロウグモ, コガネグモ, かくれ帯, コクサグモ
風景 棚田
天体 満月


  1. 2005/11/10(木) 19:50:04|
  2. 被写体別リスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セグロアシナガバチ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

木の股にいた蜂にゆっくりと近づく.幸い攻撃されることも逃げられることもなく,正面からも撮影ができた.


  1. 2005/11/10(木) 19:03:15|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アサギマダラ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

アサギマダラは渡りをする蝶として有名で,秋になると暖かい地域を目指し,数百~千キロもの距離を移動するとされる.マーキングをして移動の経過を調査する研究者やアマチュアも多いが,この写真の個体にはそのような形跡はない.


  1. 2005/11/09(水) 19:16:49|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミズヒキ



E-1+Zuiko Macro 38mm F2.8

ミズヒキの花を38mmマクロで接写.4枚の花被片のうち,上下のものはそれぞれ赤と白,左右の2枚は紅白に染め分けられている.


  1. 2005/11/08(火) 19:10:04|
  2. Zuiko Macro 38mm F2.8
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

スズメウリ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

こちらはスズメウリ.熟しても赤くはならず,透明感のある白い果実をつける.

BPB046826_1.jpg



  1. 2005/11/07(月) 19:54:51|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラスウリ



E-1+Tamron SP 180mm F2.5 LD (IF)(63B)

熟すと鮮やかな色を見せるカラスウリ.写真のものはその一歩手前で,まだ青みを残している.


  1. 2005/11/07(月) 19:50:21|
  2. Tamron SP 180mm F2.5 LD (IF) (63B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イシガキチョウ



E-1+Tamron SP 180mm F2.5 LD (IF)(63B)

羽の模様が石垣のように見えることから名づけられたというイシガキチョウ.青い空を背景に舞い続けていた.


  1. 2005/11/06(日) 19:13:01|
  2. Tamron SP 180mm F2.5 LD (IF) (63B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピラカンサ



E-1+Tamron SP 180mm F2.5 LD (IF)(63B)

秋の陽を受けて輝くピラカンサ.真っ赤な実が鳥たちを誘う.


  1. 2005/11/05(土) 21:50:17|
  2. Tamron SP 180mm F2.5 LD (IF) (63B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カキ



E-1+Tamron SP 180mm F2.5 LD (IF)(63B)

青空に映えるカキ.日本の秋の風景に欠かせない樹木だと感じる.


  1. 2005/11/04(金) 18:29:47|
  2. Tamron SP 180mm F2.5 LD (IF) (63B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。