菩多尼訶写真記
オリンパス E-1やOMシリーズのカメラで,身近な自然を撮影しています.

***05年9月掲載分までは,縮小画像を使用しています.画像をクリックすると,少しサイズの大きいものを見ていただくことができます***

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒラドツツジ



E-1+Tomioka Yashinon Macro 60mm F2.8

公園や庭などが,ヒラドツツジの花で彩られる季節となった.このツツジはケラマツツジ,キシツツジ,モチツツジなどが交雑を繰り返して生まれたもの.
大きな花は昆虫にもよく見えるのか,たくさんのハチが花の周囲を飛び回っていた.

スポンサーサイト

  1. 2006/04/30(日) 19:42:14|
  2. Tomioka Yashinon Macro 60mm F2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モッコウバラ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

モッコウバラはつる性で,よくフェンスなどに這わせて栽培されている.園芸書などによると白花のものには香りがあるそうだが,普段目にするのは黄色い八重咲きのものばかりで,白花にはなかなか出会う機会がない.


  1. 2006/04/29(土) 19:15:29|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クサノオウ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

ケシ科のクサノオウ.果実は不規則に曲がるが,この特徴は雌しべの状態でも既に確認できる.
BP4234995_1.jpg



  1. 2006/04/28(金) 19:49:15|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨコヅナサシガメ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

ヨコヅナサシガメは日本の在来種ではなく,昭和初期に国内に侵入した帰化昆虫だという.幼虫から成虫への成熟途中のため,体の一部に赤い色が残っている.


  1. 2006/04/27(木) 19:47:57|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメハギ



E-1+Zuiko Macro 50mm F2

ヒメハギは和名に「ハギ(萩)」と付いているが,マメ科ではなくヒメハギ科の植物.
日当たりの良い斜面で,タツナミソウやスズメノヤリなどと混生していた.
BP4255405_1CU.jpg



  1. 2006/04/26(水) 19:43:06|
  2. Zuiko Macro 50mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンゲソウ(ゲンゲ)



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

田起こし前の水田で群生していたレンゲソウ.根粒細菌によって固定された窒素を肥料として利用するために,かつては農家が秋に種まきをしていたが,最近は化学肥料を用いるためかあまり見かけなくなった.


  1. 2006/04/25(火) 19:54:58|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホソヒラタアブ



E-1+Zuiko 1:1 Auto Macro 80mm F4

花の周辺でホバリングし,着地点を見定めたホソヒラタアブが花に降り立った.これから蜜を食べ始めようという瞬間だ.


  1. 2006/04/24(月) 20:01:33|
  2. Zuiko 1:1 Auto Macro 80mm F4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハナイバナ



E-1+Zuiko 1:1 Auto Macro 80mm F4

ハナイバナの花は直径が2-3mm程度なので,オートエクステンションチューブ65-116+80mm等倍マクロ+専用クローズアップレンズ (f=170mm)という組み合わせで撮影した.このシステムでは35mmフィルムで2倍まで,フォーサーズでは4倍相当の撮影が可能となる.
曇り空で光が弱く,あまり絞り込めなかったため,被写界深度は浅目となった.
BP4235027_1.jpg



  1. 2006/04/23(日) 19:38:52|
  2. Zuiko 1:1 Auto Macro 80mm F4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツボスミレ(ニョイスミレ)



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

日本のスミレ類は種数が多く,正確に名前を決めるのはなかなか難しい.写真のスミレは白い花弁に紫の筋が入る,葉がハート型,木陰で湿り気の多い場所に生えている,といった特徴から,ツボスミレ(ニョイスミレ)と同定した.


  1. 2006/04/22(土) 19:54:55|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オオイヌノフグリ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

今が盛りのオオイヌノフグリの花.上の写真では花粉が山盛りの状態だが,下の花ではほとんどなくなり葯が見えている.
BP4174576_1.jpg



  1. 2006/04/21(金) 17:16:59|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タツナミソウ



E-1+Zuiko Macro 50mm F2

農道沿いの斜面で,開花を始めたタツナミソウを撮影.下部の花から順に咲き出し,やがて「立浪草」の名にふさわしく,打ち寄せる波頭のような姿となる.


  1. 2006/04/20(木) 19:09:08|
  2. Zuiko Macro 50mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメウズ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

ヒメウズの花は長い花茎の先端に垂れ下がるように咲くので,わずかな風でも揺れてしまい,撮影のタイミングが難しい.
花が終わると花茎がまっすぐ伸び,その先端に果実が熟す.種子を少しでも遠くに散布するための戦略だろうか.


  1. 2006/04/19(水) 19:39:25|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カスマグサ



E-1+Zuiko Macro 50mm F2

カラス,スズメと来れば,やはり次はカスマグサ.淡く色づいた花が通常2輪で一組になって咲くため,莢(果実)も仲良く並んだ状態になる.
BP4184744_1.jpg



  1. 2006/04/18(火) 20:04:46|
  2. Zuiko Macro 50mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スズメノエンドウ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

昨日のカラスノエンドウに続き,今日はスズメノエンドウ.花ははるかに小さく,3-4mm程度しかない.
昨年7月のブログ開設以来,初めてレンズに関してコメントをいただいたので,記念にそのMacro-Quinonで撮影してみた.


  1. 2006/04/17(月) 19:21:12|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

春になると,空き地や路傍などでカラスノエンドウが咲き出す.足を止めて見る人は少ないが,左右対称で蝶形の花はマメ科特有のもの.


  1. 2006/04/16(日) 19:14:07|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘビイチゴ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

少し湿り気味の場所でよく出会うヘビイチゴ.果実が有毒と思われがちだが,食べられないことはない.


  1. 2006/04/15(土) 19:54:22|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カキドオシ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

地を這うように茎を伸ばすカキドオシ.茎の先端では,二つの花が並んで咲いていた.


  1. 2006/04/14(金) 19:54:32|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オドリコソウ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

花の形を,笠をかぶった踊り子に見立てて名づけられたオドリコソウ.同じ節に幾つもの花を付け,少しずつ時期をずらしながら咲いていく.


  1. 2006/04/13(木) 19:23:37|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムラサキサギゴケ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

ムラサキサギゴケの花は立体的で,撮影する角度によって様々な表情を見せてくれる.中央部の白とオレンジの部分は,昆虫へのアピールのための蜜標だろうか.


  1. 2006/04/12(水) 19:30:53|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シャガ



E-1+Tamron SP 60-300mm F3.8-5.4 (23A)

木陰に群生していたシャガの花.中心には複雑に切れ込んだ雌しべが存在するものの,日本産の個体はヒガンバナと同様三倍体のため,種子はできない.


  1. 2006/04/11(火) 20:12:10|
  2. Tamron SP 60-300mm F3.8-5.4 (23A)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セントウソウ



E-1+Tamron SP 60-300mm F3.8-5.4 (23A)

木陰で咲くセントウソウ.オウレンの仲間によく似ているが,こちらはセリ科の植物.


  1. 2006/04/10(月) 19:31:36|
  2. Tamron SP 60-300mm F3.8-5.4 (23A)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムラサキケマン



E-1+Tamron SP 60-300mm F3.8-5.4 (23A)

里山の道沿いで咲いていたムラサキケマン.それぞれの花が四方八方に向くので,どの角度から撮影するか考えてしまう.
行きつけのカメラ店でこのレンズを見つけ,思わず購入.週末を利用して,野外での撮影に使ってみた.最大で1:1.55のマクロ機構を備えているため,E-1で使用すると等倍以上に撮影できることになる.
BP4094225_1.jpg



  1. 2006/04/09(日) 18:27:14|
  2. Tamron SP 60-300mm F3.8-5.4 (23A)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソメイヨシノ その2



E-1+Zuiko 300mm F4.5

今回は,300mmのレンズで青空を背景にしてソメイヨシノを撮影.オリンパス・ブルー(コダック・ブルー)が,花の色を引き立たせてくれる.


  1. 2006/04/08(土) 18:07:57|
  2. Zuiko 300mm F4.5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アケビ



E-1+Vivitar Macro 55mm F2.8

アケビの雄花と雌花.あの果実からは想像しにくい,小さな花を咲かせる.
BP4054082_1.jpg



  1. 2006/04/07(金) 19:23:28|
  2. Vivitar Macro 55mm F2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソメイヨシノ



E-1+Vivitar Macro 55mm F2.8

今の季節,公園の主役はソメイヨシノ.葉が展開する時期が遅いため,満開となった花だけを観賞することができる.


  1. 2006/04/06(木) 19:24:39|
  2. Vivitar Macro 55mm F2.8
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ツルニチニチソウ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

暖かくなるにつれ,ツルニチニチソウの花が一輪また一輪と咲き出した.もともとは観賞用に栽培されていたが,性質が強いため,いまではあちこちで野生化している.


  1. 2006/04/05(水) 18:58:30|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオバベニガシワ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

オオバベニガシワの芽や若葉は,鮮やかで美しい赤.葉が展開し終わりしばらく経つと,徐々に緑色に変化していく.
花は下の写真のように小さく,目立たない.
BP3263643_1.jpg



  1. 2006/04/04(火) 19:18:47|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユキヤナギ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

ユキヤナギの一つ一つの花は小さいが,株全体を多いつくすほど沢山の数が咲く.今の時期には,庭や公園で白い雲のような姿になって目を楽しませてくれる.
BP3273709_1.jpg



  1. 2006/04/03(月) 20:12:35|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユスラウメ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

満開のユスラウメの花.花柄が短く,枝から直接花が咲いたように見える.


  1. 2006/04/02(日) 20:07:23|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマブキ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

雨上がりのヤマブキの花.同じ株のほかの花は花弁が5枚だが,この花は6枚だった.


  1. 2006/04/01(土) 18:42:29|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。