菩多尼訶写真記
オリンパス E-1やOMシリーズのカメラで,身近な自然を撮影しています.

***05年9月掲載分までは,縮小画像を使用しています.画像をクリックすると,少しサイズの大きいものを見ていただくことができます***

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アカメガシワの雄花



E-1+Tamron SP 60-300mm F3.8-5.4 (23A)

アカメガシワは雌雄異株で,写真のものは雄の花序.それぞれの花から雄しべが球状に広がっている.


スポンサーサイト

  1. 2006/06/30(金) 20:01:07|
  2. Tamron SP 60-300mm F3.8-5.4 (23A)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオカナダモ



E-1+Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)

水路のオオカナダモに花が咲いていた.生活廃水が流れ込む場所なので水は相当汚れているはずだが,それにも負けずに繁殖している.


  1. 2006/06/29(木) 20:02:30|
  2. Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハクチョウゲ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

こちらも生垣として植えられているハクチョウゲ.花冠の先端は普通五裂するが,この花は四裂していた変わり者.


  1. 2006/06/28(水) 19:51:06|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

カイヅカイブキ



E-1+Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)

雨上がりのカイヅカイブキ.球果をつけた枝や,通常の鱗状の葉ではなく,針状の葉が出ている箇所も見つかった.
BP6269253_1.jpg

BP6269258_1.jpg



  1. 2006/06/27(火) 20:24:42|
  2. Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テイカカズラ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

テイカカズラは地味なつる性植物で,普段は他の樹木の幹などにへばり付いて小さな葉を広げている.初夏には様子が一変し,沢山の白い花を咲かせる.


  1. 2006/06/26(月) 21:23:02|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホオズキの花



E-1+Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)

ホオズキの白い花.ナス科の植物なので,色は違うがナスの花によく似ている.蜜を求めてアリが訪れていた.
BP6047987_1.jpg



  1. 2006/06/25(日) 19:42:22|
  2. Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミズキ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

花が少し開き始めたミズキ.他の樹木に比べて樹液が多いといわれているが,この写真の個体も川沿いの水分条件の良い場所で大きく成長していた.


  1. 2006/06/24(土) 19:55:05|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タブノキ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

タブノキの未熟な果実.今はまだ緑色だが,熟すにつれて徐々に黒くなっていく.


  1. 2006/06/23(金) 19:52:51|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムシトリナデシコ



Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)

「虫取り」ナデシコという名前で誤解されやすいが,実際には食虫植物ではない.鑑賞に向いた美しい花を咲かせるが,繁殖力が強いので,すぐに花壇の外まで広がって野生化してしまう.


  1. 2006/06/22(木) 19:26:06|
  2. Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドクダミ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

ドクダミというと,個人的には梅雨の季節に薄暗い場所で咲いているという印象が強い.
多数の小さな花が集まって穂状になり,その周囲に4枚の白い総包が広がっている.


  1. 2006/06/21(水) 20:11:26|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ヒラタケ



E-1+Tamron SP 500mm F8 (55BB)

木の根元近くで野草を撮影中,ふと見上げるとヒラタケと思われるキノコを発見.とても手が届く高さではなく,レンズを500mmに交換して写真を撮った.


  1. 2006/06/20(火) 19:49:26|
  2. Tamron SP 500mm F8 (55BB)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネジバナ



E-1+Kiron Macro 105mm F2.8

芝生の中でネジバナが咲き始めていたので,レンズの試写を兼ねて撮影.単体で等倍まで撮影ができ,短いながらもフード内蔵なのは重宝しそうだ.
BP6198978_1.jpg

BP6199024_1.jpg



  1. 2006/06/19(月) 20:17:59|
  2. Kiron Macro 105mm F2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハルジョオンとカメムシ



E-1+Kiron Macro 105mm F2.8

以前から使ってみたかった,キロンのOMマウントのマクロレンズをたまたま入手できた.これはかつてキノ精密工業が製造していた,等倍まで撮影が可能なマクロレンズ.ハルジョオンにとまっていたカメムシを撮影してみた.

BP6188914_1.jpg



  1. 2006/06/18(日) 19:32:54|
  2. Kiron Macro 105mm F2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホタルブクロ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

渓流沿いの山道で撮影したホタルブクロ.この植物の花の色は白から赤紫まで様々だが,この場所では一面に白い花が咲いていた.


  1. 2006/06/17(土) 19:27:59|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ウキツリボク



E-1+Tamron SP 90mm Macro 1:1 (72B)

赤と黄色に塗り分けた浮子に見立てて名前が付けられたウキツリボク.蚊が一匹とまって休憩中.


  1. 2006/06/16(金) 20:16:35|
  2. Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワヂシャ



E-1+Tokina AT-X Macro 90mm F2.5

水田脇の用水路で咲いていたカワヂシャ.生育可能な環境が減少傾向にあるためか,環境省のレッドリストにも掲載されている.


  1. 2006/06/15(木) 20:02:50|
  2. Tokina AT-X Macro 90mm F2.5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コバンソウ



E-1+Tokina AT-X Macro 90mm F2.5

ヨーロッパ原産のコバンソウ.果穂の色と形からの命名と思われるが,小判ではなく三葉虫にも見えてくる.


  1. 2006/06/14(水) 19:56:26|
  2. Tokina AT-X Macro 90mm F2.5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケニグサ



E-1+Tokina AT-X Macro 90mm F2.5

タケニグサは草丈が1m以上になる大型の植物だが,一つ一つの花は小さい.花序の下の方から順に咲き始め,細い糸のような雄しべがよく目立つ.


  1. 2006/06/13(火) 19:56:18|
  2. Tokina AT-X Macro 90mm F2.5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホルトソウ



E-1+Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)

某所の花壇で栽培されているホルトソウ.薬草としても使用されることがあるが,ここでは純粋に観賞用として育てられているようだ.


  1. 2006/06/12(月) 20:12:45|
  2. Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サカキ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

サカキは「榊」の文字の通り,玉串などとして神事に用いられる.このため葉を目にする機会は多いが,白い花には今の季節にしか出会えない.


  1. 2006/06/11(日) 19:40:08|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムラサキカタバミ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

ムラサキカタバミは今では厄介な雑草扱いだが,かつては観賞用に栽培されていたという.引き抜いたり地上部を刈り取ったりしても,地下の鱗茎が残っていればそこからまた生えてくる.


  1. 2006/06/10(土) 20:35:26|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナンテンの花



E-1+Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)

今月に入ったあたりからナンテンの蕾が一気に膨らみ,花も見かけるようになった.
一つの花に雄しべは6本あるが,この性質はいわゆる双子葉植物の中では少数派.原始的な被子植物の特徴だとされている.


  1. 2006/06/09(金) 19:27:21|
  2. Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメコウゾ



E-1+Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)

キイチゴのような果実をつけているヒメコウゾ.里山の林縁に点々と株が見られた.


  1. 2006/06/08(木) 20:00:33|
  2. Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンテリクラマゴケ



E-1+Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)

コケと名づけられているが,コンテリクラマゴケはシダ植物.「レインボー・ファーン」として観賞用に販売もされるが,人家の周辺などで野生化したものを見かける機会も多い.


  1. 2006/06/07(水) 19:55:15|
  2. Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グンバイナズナ



E-1+Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)

こちらは「豆」のつかない本家のグンバイナズナ.果実は直径1cm以上ではるかに大きい.熟した種子が,黒く透けて見えている.


  1. 2006/06/06(火) 18:48:56|
  2. Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マメグンバイナズナ



E-1+Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9

マメグンバイナズナは,路傍や空き地などでよく見かける帰化植物.花序の先端付近から下に向かうにつれ,花から小さな円形の果実へと変化していく過程が見て取れる.


  1. 2006/06/05(月) 19:35:04|
  2. Steinheil Macro-Quinon 55mm F1.9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユリズイセン(アルストロメリア)



E-1+Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)

花束などに使われるアルストロメリアと同属のユリズイセン.独特な色と模様の花で,毎年6月に入った頃から見かけるようになる.


  1. 2006/06/04(日) 19:29:17|
  2. Tamron SP 90mm F2.8 Macro 1:1 (72B)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカツメクサ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

久しぶりに好天の週末となったので,近くを流れる川の上流域へと足を延ばしてみた.その途中,道沿いの空き地で撮影したアカツメクサ.シロツメクサに比べ,花の数が多く,花序も大きい.



  1. 2006/06/03(土) 19:44:20|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

タイサンボク



E-1+Tamron SP 500mm F8 (55BB)

公園のタイサンボクに花が咲き始めた.つぼみは最初,茶色で毛が密生した苞で包まれている.写真の花では,それが帽子のような格好で残っていた.


  1. 2006/06/02(金) 19:43:52|
  2. Tamron SP 500mm F8 (55BB)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コモチマンネングサ



E-1+Zuiko Macro 90mm F2

コモチマンネングサは沢山の花を咲かせるものの種子はできないとされている.その代わりに葉の付け根に「むかご」ができ,これで繁殖する.


  1. 2006/06/01(木) 20:07:34|
  2. Zuiko Macro 90mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。